会社案内

company

ご挨拶

「電炉製鋼技術のパイオニアたるべし」との精神を持ちながら、お客様のお役に立てるよう邁進してまいります。

ニッコーは、1966年、日本鉱産株式会社として創立して以来、製鋼業界の発展に貢献すべく、電気炉やその付帯設備の開発・製造から、事業を通じて蓄積された技術・ノウハウを活かしたコンサルティングやメンテナンスまでトータルにサービスをご提供する、総合エンジニアリング企業として、製鋼業界における環境改善を目指し、省エネルギー化を実現する設備や、工場内の環境衛生向上を可能にする集塵装置などの環境設備機器の開発と拡販に注力してまいりました。

当社は今後も、地球環境を配慮した事業活動を心がけ、「電炉製鋼技術のパイオニアたるべし」との精神を持ちながら、常に技術レベルアップを図り、お客様のお役に立てるよう邁進してまいりますので、なにとぞよろしくご指導、ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

代表取締役社長  有働 英司

会社紹介動画

社是

ニッコーは、お客様のご要望にお応えしながら、最適な電気炉設備をご提供し、安全・高効率に運転していただけるようコンサルティングから、設計・製造、据付、運転指導まで一貫したサービスをご提供しています。また、炉の容量アップや省エネ、省力化製品設置など、さまざまなリバンピングにも対応いたします。

会社概要

社名 株式会社ニッコー(NIKKO INDUSTRY CO.,LTD)
資本金 6,500万円
所在地 < 本社 >
神戸市中央区布引町2丁目4番10号
TEL:078-222-1688
FAX:078-222-2916
E-mail:nikko@nikko-japan.co.jp

< 姫路製造所 >
姫路市飾磨区今在家1076-2
TEL:079-233-0672
FAX:079-234-1697
E-mail:himeji@nikko-japan.co.jp

設立 1966年(昭和41年)3月
年商 15~25億円
従業員 33名
取引銀行 三井住友銀行 神戸営業部
三菱東京UFJ銀行 神戸支店
役員 代表取締役社長  有働 英司
専務取締役  高山 弥平
常務取締役  溝口 建
決算 年1回(3月31日)
株式 非公開(系列なし)

沿革

1966年 日本鉱産株式会社設立。製鋼技術コンサルタント業務も開始。ジェットバーナー(特許出願)の開発。
1977年 株式会社ニッコーと社名変更。同時に本社を神戸市に移転。
1978年 スクラップ予熱装置の開発。
1982年 電気炉用コンピューターの開発。
1983年 韓国・現代製鐵に電気炉3基納入とともに高能率電気炉操業技術指導。
1986年 インド・ニッコーテクノロジー社をボンベイに設立。
1991年 イタリアPICCARDI社と自動電極接続装置の技術提携。
1992年 韓国現地法人・ニッコーコリアを設立。韓国・現代製鐵に80TON EBT+LF等製鋼一貫設備を納入。
1993年 韓国・現代製鐵に90TON EBT+LF等製鋼一貫設備を納入。
1996年 ニッコーインド支店を開設。
1997年 ニッコー・アルミアームを開発、国内・海外12社に納入。
1999年 フィリピン・BSII社に60TON電気炉及び付帯設備を導入。
2000年 ゴミ焼却灰溶融炉、医療廃棄物溶融炉の設計・製造を開始。
2004年 韓国・SeAH Besteel社に60TON電気炉設備納入。韓国・YK Steel社に30TON電気炉設備納入。
2005年 トルコ・COLAKOGLU社に250TON電気炉エンジニアリング及び集塵機等付帯設備納入。
2008年 大韓製鋼/緑山工場に80TON電気炉、LF、集塵機等付帯設備納入。現代製鐵 仁川工場に50TON LF、VD納入。
2009年 韓国・SeAH Besteel社に150TON電気炉設備納入。
2010年 台湾・羅東鋼鐵に80TON電気炉、LF設備納入。神戸製鋼所/高砂製作所に100TON電気炉本体を納入。
2012年 韓国・YK Steel社にREVAMPING 70TON電気炉設備納入。ベトナム・FUCO STEEL社に80TON電気炉、LF、集塵機等付帯設備納入。
2014年 トピー工業にLF及び付帯設備納入。
2016年 タイ・TY STEEL社に70TON電気炉及び付帯設備納入予定。

アクセス(本社)

・JR三宮駅より徒歩15分・新幹線新神戸駅より徒歩7分

グーグルマップで見る

アクセス(姫路製造所)

・山陽電鉄 西飾磨駅より徒歩15分

グーグルマップで見る